弁護士として身につけた能力と経験をフル活用

 過労死事件は、とても難しい分野といえます。なぜなら、被災者が死亡していたり、高度障害で意思疎通ができなかったりする場合が多いからです。

 それでも事実を解明するために、家族や同僚などの関係者に事情聴取をして調査を行ってきました。このように粘り強く調査をし、収集した資料を丹念に読み込むことの重要性を学びました。

 これらのことは民事事件にも通じる弁護士の技量と考えます。弁護士登録以来、労災・過労死の事件に一貫して取り組むことで、他の分野にも活かせる弁護士としての基本的、かつ重要な能力を身につけることができたと自負しております。

 弁護士佐久間大輔は、20年以上の実績で身につけた知識と経験をフル活用して、相談を受けた案件の見通しを立て、依頼された案件に真摯に取り組んでまいります。


企業のためのメンタルヘルス対策室のご相談 労働問題に特化して20年の実績と信頼。つまこい法律事務所にご相談ください。 03-6806-0265 受付時間:平日 9:00~18:30(当日相談可能)JR御徒町駅より徒歩5分 ご相談の予約