ストレスチェック対応リーガルサポートサービスの概要

 労働安全衛生法が改正され、2015年12月よりストレスチェック制度が導入されました。労働者50人未満の事業場については、当分の間努力義務とされています。ストレスチェック制度の概要は「ストレスチェック制度に関する事業者の対応」をご覧ください。

 ストレスチェックを実施し、その結果を受けて就業上の配慮措置を講じたり、職場環境を改善したりすると、労働者個人や職場のストレス要因が低減され、これにより労働者は健康に働くことができ、労働生産性(パフォーマンス)が向上して、結果的に企業の収益に貢献することになります。少子化により若い労働者が減少している状況下で心身ともに健康な人材を保持するためには、将来をも見据えたストレスチェック対応が必要です。そのため、ストレスチェック制度を整備し、個々の労働者に対する手続を履践することが重要です。

 また、高ストレス者の面接指導や就業上の配慮措置を実施することにより、企業は安全配慮義務を尽くしたことになります。

 他方、ストレスチェックを実施する際には、手数がかかっても、手続ごとに文書を作成し、また労働者に説明をすることにより、労使紛争が発生した場合でも、安全配慮義務の履行を証明することができます。そのため、ストレスチェック制度が適正に実施されているかを監査し、見直しをする健康リスクアセスメントを実施します。

 そこで、弁護士佐久間大輔が、ストレスチェックの実施の方法・体制の整備、ストレスチェック制度の実施に関する規程や計画の策定、ストレスチェックの実施から高ストレス者の面接指導と事後措置までの手続、就業上の配慮措置などの個別事案の対応、社内研修に関するコンサルティング(法的助言・提案)をします。20年以上の経験と実績を持つ弁護士が、リーガルチェックをして、オーダーメイドの文書や研修を提供いたします。

 高ストレス者に対する就業上の配慮措置をめぐり労使間のトラブルが発生することが想定されます。どのような就業上の配慮をするのかについては、産業医等の医学的な知見が必要ですが、配置転換をしても逆にストレス要因となって、労働者が配転命令の無効や安全配慮義務違反を主張することがあり、具体的な措置を講じる前に弁護士による労働法からの検討も必要になります。まずは紛争予防に細心の注意を払わなければなりませんが、仮に労使紛争に発展しても、制度の構築や、具体的な事案の相談対応をしていた弁護士がワンストップで代理人に就任し、一貫した対応をすることができます。

《コンサルティング(法的助言・提案)の概要》

  1. ストレスチェックの実施状況や問題点についてヒアリングをし、ストレスチェック実施の基本方針等に関する助言、提案をします。
  2. ストレスチェック実施の方法や体制、規程・計画や手続上必要な文書に関する助言、提案をします。社内の実情に応じた文書作成を承ります。
  3. 衛生委員会での調査審議等に関する助言をします。必要に応じて、事業場を訪問し、衛生委員会への出席や産業医・衛生管理者との打ち合わせをします。
  4. ストレスチェックの実施や医師による面接指導、就業上の配慮措置に関する助言、提案をします。ストレスチェックを実施するための手続上必要な文書の作成を承ります。
  5. ストレスチェック対応を含めたメンタルヘルス対策に関する人事労務管理スタッフ、管理監督者および産業保健スタッフ向けの研修の助言、講師を務めます。また、従業員参加型の職場環境ワークショップに関する助言をします。
  6. ストレスチェック結果や面接指導の記録の保存、労働者の個人情報保護に関する助言をします。
  7. ストレスチェック実施義務の履行状況、高ストレス者の面接指導、医師の意見聴取や就業上の配慮措置に関する手続と実施状況、結果の記録保存の方法と状況を監査し、見直しを検討します(健康リスクアセスメント)。 >>詳しくは「労基署臨検対応リーガルサポートサービス」をご覧ください。
  8. ストレスチェックの集団分析により健康リスクの高い部署があり、職場環境の改善をしなければ安全配慮義務違反を問われる可能性がある場合、安全配慮義務を履行するための法律鑑定書を作成します。
  9. 高ストレス者に対する就業上の配慮措置を決定するに当たり、主治医や産業医の医学的診断、当該労働者との意見、管理監督者や企業との見解が異なるなど、法的評価を踏まえた決定をしなければ労働トラブルが予測される場合は、決定書の作成や関係者との協議、これらに関する助言をします。 >>休職前のメンタルヘルス不調者に関する就業上の配慮措置決定書をフリーダウンロードすることができます。ストレスチェック制度でも活用できますので、ご希望の方は「休職・復職対応リーガルサポートサービスの概要」をご覧ください。

[サービス料]

 リーガルサポートサービスの料金については、「制度構築の弁護士費用」、「個別案件対応の弁護士費用」をご参照ください。
 制度構築のリーガルサポートサービスに関する初回相談は余裕をもってお話を伺いますので、相談枠を60分間とし、60分までの相談料を無料といたします。
 個別案件の対応については、まず15分、無料で電話相談を承ります。詳しくは「法律相談の特例」をご覧ください。

※弁護士佐久間大輔との間でメンタルヘルス対策サポート契約を締結された後に書式及び規程を提供いたします。

[書式]

◆ストレスチェック制度導入に関するお知らせ
◆ストレスチェック実施事務にかかる秘密保持誓約書
◆ストレスチェック実施のご案内
◆ストレスチェック受検のお願い
◆ストレスチェック結果提供同意書(事業者宛)
◆ストレスチェック結果提供同意書(実施者宛)
◆医師による面接指導申出書
◆勤務状況報告書
◆面接指導結果提供同意書
◆就業上の配慮措置の決定に関するお知らせ
◆リスクアセスメント・チェックリスト(健康診断・面接指導)

[規程]

◆健康情報取扱規程

[企業研修]

 ストレスチェック制度に関する企業研修は「労働安全衛生マネジメントの企業研修」をご覧ください。

  • ストレスチェック対応・メンタルヘルス対策のマネジメント実務-安全配慮義務の観点から(対象:経営者、人事労務管理スタッフ)
  • ストレスチェック制度が企業の損害賠償責任に及ぼす影響-安全配慮義務をめぐる裁判実務はどう変わるのか?(対象:経営者、人事労務管理スタッフ)
  • 労使トラブルから学ぶメンタルヘルスケアの実務-企業責任を認めた裁判例を予防策に活用(対象:経営者、人事労務管理スタッフ、管理監督者、産業保健スタッフ)
  • 管理監督者によるメンタルヘルスケアの実務-部下が働きやすい職場を作るために(対象:管理監督者)

企業のためのメンタルヘルス対策室のご相談 労働問題に特化して20年の実績と信頼。つまこい法律事務所にご相談ください。 03-6806-0265 受付時間:平日 9:00~18:30(当日相談可能)JR御徒町駅より徒歩5分 ご相談の予約