自殺予防のポイント-7つの事例からの教訓

 弁護士佐久間大輔が担当した、過労やストレスにより自殺をして労災認定を受けた事案のうち7つの事例から、使用者がどの時点でどのような措置を講じていれば自殺の予防ができたのかを紹介します。

 使用者が損害賠償請求訴訟の判決で認容されるのと同程度の金銭補償をした事案もあり、労働者の生命・健康を保持するための教訓とすることが肝要です。

 そして、安全配慮義務違反で損害賠償請求を受けるリスクを回避するため、事前に長時間労働防止対策およびメンタルヘルス対策を講じる必要があります。労働者が健康に働くことが、無用なコスト支出を回避し、企業の収益向上に貢献するといえます。

  >>「長時間労働防止対策リーガルサポートサービス

  >>「メンタルヘルス総合対策リーガルサポートサービス

をご覧ください。

 

[サービス料]

 リーガルサポートサービスの料金については、「制度構築の弁護士費用」、「個別案件対応の弁護士費用」をご参照ください。

 制度構築のリーガルサポートサービスに関する初回相談は余裕をもってお話を伺いますので、相談枠を60分間とし、60分までの相談料を無料といたします。

 個別案件の対応については、まず15分、無料で電話相談を承ります。詳しくは「法律相談の特例」をご覧ください。


企業のためのメンタルヘルス対策室のご相談 労働問題に特化して20年の実績と信頼。つまこい法律事務所にご相談ください。 03-6806-0265 受付時間:平日 9:00~18:30(当日相談可能)JR御徒町駅より徒歩5分 ご相談の予約