著作権とは?二次的著作物とは?

 著作者の権利には、著作権と著作者人格権があり、また実演家、レコード製作者、放送事業者・有線放送事業者に認められる著作隣接権があります。

 著作権は著作財産権ともいわれていますが、所有権とは異なり、著作権者と所有権者が分離することがあります。所有権は有体物に対して排他的に使用、収益、処分をする権利ですので、著作物の所有権があっても、著作権がなければ、無断で複製や譲渡をされた場合でも、著作権法上の差止めや損害賠償の請求をすることはできません。

 著作権には、①著作物を複製する権利(複製権)、②著作物を、公衆に直接見せ、または聞かせることを目的として上演し、または演奏する権利(上演権、演奏権)、③著作物を公に上映する権利(上映権)、④著作物について、公衆送信を行う権利(公衆送信権)、⑤言語の著作物を公に口述する権利(口述権)、⑥美術の著作物、またはまだ発行されていない写真の著作物を、これらの原作品により公に展示する権利(展示権)、⑦映画をその複製物により頒布する権利(頒布権)、⑧映画を除く著作物をその原作品または複製物の譲渡により公衆に提供する権利(譲渡権)、⑨映画を除く著作物をその複製物の貸与により公衆に提供する権利(貸与権)、⑩著作物を翻訳し、編曲し、変形し、脚色し、映画化し、その他翻案する権利(翻訳権、翻案権)があります。

 また、著作権法上、「著作物を翻訳し、編曲し、若しくは変形し、又は脚色し、映画化し、その他翻案することにより創作した著作物」を二次的著作物といいます。

 二次的著作物の原著作物の著作者は、当該二次的著作物の利用に関し、当該二次的著作物の著作者が有するものと同一の著作権を専有します。例えば、原作者が小説形式でストーリーを執筆し、これを漫画家が連載漫画を執筆した場合、連載漫画は、絵画、ストーリー展開、人の台詞や心理描写、コマの構成などの諸要素が不可分一体となった一つの著作物ですので、原作者は二次的著作物である連載漫画の利用についてその著作者である漫画家と同一の権利を有することになります。したがって、漫画家は原作者の許諾なく連載漫画を利用することはできません。

 原作者のいる連載漫画のキャラクター等を利用して商品化を企画する際は、原作者と漫画家の双方から許諾を得る必要があります。


企業のためのメンタルヘルス対策室のご相談 労働問題に特化して20年の実績と信頼。つまこい法律事務所にご相談ください。 03-6806-0265 受付時間:平日 9:00~18:30(当日相談可能)JR御徒町駅より徒歩5分 ご相談の予約