「就業規則の作り方 ポイント解説」フリーダウンロード

 当事務所では、病気による労災補償、休職・復職、解雇等の労働問題に取り組み、多くの企業向けに就業規則を作成し、見直しをしてきた実績と経験がございます。

  今回、就業規則の見直しをお考えの企業様に、就業規則を作成する際の注意事項や、考えておくべき問題点をまとめた冊子「就業規則の作り方 ポイント解説」をフリーダウンロードという形でご提供いたします。

 なお、就業規則の作成等に関するご相談は随時承っております。ご希望のお客様につきましては、面談させていただきますので、ぜひお問い合わせください。

 詳しくは「弁護士による就業規則作成・変更の勧め」、「就業規則作成・変更リーガルサポートサービス」をご覧ください。

※「就業規則の作り方ポイント解説」フリーダウンロード

【目次】

Q1:就業規則を作成するメリットとは?
Q2:就業規則の制定・変更の手続、要件
Q3:合併後の労働条件を調整するためには?
Q4:時間外労働や休日労働をさせるために締結する三六協定とは?
Q5:休日労働にならないように休日を振り替えるには?
Q6:時間単位年休を導入するには?
Q7:時間外労働の割増賃金を抑えるために代替休暇を導入するか?
Q8:労働者を出向させるときの就業規則の内容は?
Q9:病気により働けない労働者を休職させるには?
Q10:病気で休職した労働者を復職させるには?
Q11:社用パソコンやメール・インターネットの使用ルールとは?
Q12:所定労働時間外の兼業(副業)を禁止できるか?
Q13:解雇事由として何を定めればよいか?
Q14:懲戒解雇した労働者の退職金を不支給とするには?
Q15:マイナンバーの利用目的や非開示義務とは?
Q16:職務発明における権利の帰属は?
Q17:有期労働契約の無期転換ルールの特例とは?


企業のためのメンタルヘルス対策室のご相談 労働問題に特化して20年の実績と信頼。つまこい法律事務所にご相談ください。 03-6806-0265 受付時間:平日 9:00~18:30(当日相談可能)JR御徒町駅より徒歩5分 ご相談の予約