知らないでは済まされない長時間労働防止対策の実務-責任を問われないための法制度と裁判例の活用

 過労死等防止対策推進法が制定され、また過労死等防止対策大綱が閣議決定され、国の過労死に関する調査研究も始まりました。

 過労死等防止対策推進法は事業主の義務を認めたものではありませんが、事業主は長時間労働防止対策に取り組まなければなりません。国の過労死防止の施策が進み、調査研究の結果が公表されると、事業主が知らなかったというだけでは労使トラブルになった際に企業の損害賠償責任が免責されることはありません。過労死をめぐる企業責任を認めた裁判例がインターネット上で報じられている現状からは、裁判例についても、知らないでは済まされません。

 さらに、労働基準監督署が過労死防止のために長時間労働の取り締まりを強化しており、書類送検が相次いでいます。この報道もなされており、経営者と法人が書類送検されれば企業のイメージダウンは必至です。労働基準監督署の臨検が入っても、長時間労働や賃金不払い残業をさせていないことを文書をもって証明しなければなりません。

 これをリスクと捉えてマネジメントすることも必要ですが、事業主が労働時間を把握して残業を削減することにより労働者が健康に働くことができる職場環境に改善していくことが重要です。

 やむを得ず長時間労働に従事することがあったとしても、長時間労働者に対して医師による面接指導を実施してメンタルヘルス不調や高血圧などの健康障害を早期に発見し、これを軽快させるための就業上の配慮措置を講じることが肝要です。

 そこで、本講座では、事業主が最低限身につけておくべき法律知識、法違反による企業責任を解説するとともに、裁判例から過労死等防止対策大綱を解説します。

 講義後に知識定着確認テスト(○×回答式20問)を実施することもできます。

◆労働時間をめぐる刑事責任
◆労働基準法上の災害補償責任
◆安全配慮義務違反の損害賠償責任
◆労働基準法に基づく労働時間の把握と時間外労働の制限
◆労働時間等の設定の改善に関する特別措置法設定改善法上の責務
◆労働安全衛生法上の長時間労働者面接指導制度
◆衛生委員会の活用
◆過労死の原因究明・再発防止

 研修以外のコンサルティング(法的助言・提案)に関しましては、次のページをご覧ください。  >>「長時間労働防止対策リーガルサポートサービス

【講演料】

 当職が作成した内容・構成により講演をする場合は、2時間100,000円(消費税は別途付加)です。

 講演だけでなく、これを踏まえて従業員参加型のワークショップを開催すると、メンタルヘルスケアや労災事故防止に有効であるといわれており、時間延長も承ります。

 なお、交通費や出張日当が別途かかりますので、あらかじめご了承ください。


企業のためのメンタルヘルス対策室のご相談 労働問題に特化して20年の実績と信頼。つまこい法律事務所にご相談ください。 03-6806-0265 受付時間:平日 9:00~18:30(当日相談可能)JR御徒町駅より徒歩5分 ご相談の予約