『労務事情』(2018年11月1日号)に記事が掲載されました

 産労総合研究所が発行する『労務事情』(1372号、2018年11月1日)に、弁護士佐久間大輔が寄稿した記事が掲載されました。

「過労死等防止対策大綱から導かれる企業のリスク回避策-2018年の変更点も踏まえた対応の実務」
労務事情2018年11月1日号 NO.1372(産労総合研究所のサイトにリンクします)

 本年7月に過労死等防止対策大綱が変更された際には、新たに設定された数値目標が大きく報道されましたが、それ以外の点も企業の安全配慮義務という観点から注目すべき内容が記述されています。大綱を全文読むのはしんどいですが、拙稿を読むだけでも企業のリスク回避策が見えてきます。

 特集のQ&Aも改正労働基準法の対応やパワハラの使用者責任など重要なテーマが掲載されており、有益な情報が得られると思われます。

 本誌をご高覧いただければ幸いです。

NEWS&TOPICSの最新記事

企業のためのメンタルヘルス対策室のご相談 労働問題に特化して20年の実績と信頼。つまこい法律事務所にご相談ください。 03-6806-0265 受付時間:平日 9:00~18:30(当日相談可能)JR御徒町駅より徒歩5分 ご相談の予約