拙稿「最近の労災に関する判例分析と実務上の留意点」が掲載されました。

 産労総合研究所が発行する『労務事情』(1379号、2019年3月1日)に、弁護士佐久間大輔が寄稿した記事が掲載されました。

「最近の労災に関する判例分析と実務上の留意点」
労務事情2019年3月1日号 NO.1379(産労総合研究所のサイトにリンクします)

 判例を調べるとハラスメントの違法性が争われたケースが目立ちます。ハラスメント防止措置が法制化される予定ですが、単なる制度の構築ではなく、実効性を伴う対策を講じることが企業に求められています。
 判例解説に付け加えて予防策も述べておりますので、ご高覧いただければ幸いです。

NEWS&TOPICSの最新記事

企業のためのメンタルヘルス対策室のご相談 労働問題に特化して20年の実績と信頼。つまこい法律事務所にご相談ください。 03-6806-0265 受付時間:平日 9:00~18:30(当日相談可能)JR御徒町駅より徒歩5分 ご相談の予約