「傷病休職による変化と適応するための職場復帰の方法」

 従業員がうつ病により休職したという変化が発生した場合、変化前に行っていた対応を修正しないままで職場復帰の支援をしようとすると、うつ病が再燃・再発して職場復帰が失敗するリスクが高まります。

 人事労務担当者としては、変化前の状態と変化後の状態を把握した上で、変化に適応するための就業上の配慮を検討することが必要です。これにより、対応が難しいうつ病からの職場復帰を成功させることができるでしょう。

 このテーマを論じた拙稿が人事ポータルサイト「HRpro」に掲載されましたので、ご高覧ください。

  「傷病休職による変化と適応するための職場復帰の方法

NEWS&TOPICSの最新記事

企業のためのメンタルヘルス対策室のご相談 労働問題に特化して20年の実績と信頼。つまこい法律事務所にご相談ください。 03-6806-0265 受付時間:平日 9:00~18:30(当日相談可能)JR御徒町駅より徒歩5分 ご相談の予約