事業承継の準備開始から親族内・従業員承継の実行までのコンサルティング

 事業承継を進めるに当たっては、まず経営者が早期に計画的な準備に着手する必要性を認識し(気づき)、経営状況や経営課題を把握し(見える化)、本業の競争力強化、経営体制の総点検と経営強化を実行して後継者に魅力のある経営状態に引き上げる(磨き上げ)ことが必要です。

 以下では、親族内承継と従業員承継について、気づき→見える化→磨き上げ(プレ承継)→事業承継計画の策定・実行→ポスト事業承継の流れに沿い、弁護士兼中小企業診断士・佐久間大輔が提供するコンサルティングサービスの概要を説明します。

 各段階において気になる点やお悩みの点がございましたら、経営面および法務面からアドバイスをしますので、お気軽にご相談ください。

1. 現状の把握

 事業承継に向けて経営者が準備の必要性を認識し、会社、経営者や後継者の現状を把握します。

 【コンサルティング】沿革、経営理念、業種、事業内容、仕入先や販売先、取引金融機関、株主構成や役員構成などの会社概要、財政状態(資産・負債)や経営成績(売上高・費用・損益)、組織体制や規程、経営者個人の資産・負債、相続人、後継者の現況等に関するヒアリング、提供資料や事業・財務内容等の分析

flow_arw

2. 環境分析と課題設定

 外部環境(機会・脅威)と内部環境(強み・弱み)より後継者が主導してSWOT分析とクロスSWOT分析を行い、経営課題を設定するとともに、事業承継における課題を整理して、経営者と後継者が共有します。

 【コンサルティング】SWOT分析等の支援、課題設定に関するコンサルティング(助言・提案)

flow_arw

3. 長期経営計画の策定・実行

 クロスSWOT分析を基に長期経営計画を策定して経営戦略を立案するとともに、計数計画、各種施策の行動計画(アクションプラン)を策定、実行します。新事業活動や経営力向上に取り組む場合は、「経営革新計画」や「経営力向上計画」を策定します。

 一方、経営状況が窮境に陥っている場合は、経営改善施策を立案し、事業再生計画または経営改善計画、計数計画、行動計画を策定、実行します。金融支援案を策定し、リスケジュールやDDSについて、金融機関と交渉して借入契約を見直します。

 【コンサルティング】経営理念や経営戦略に関するコンサルティング、各種計画の策定・実行の支援、金融支援案の策定支援、弁護士として金融機関調整の交渉代理、契約書類の作成

flow_arw

4. 事業承継計画の策定・実行

 事業承継の時期を決め、後継者の選定・育成、自社株式や事業用資産の集約・譲渡、知的資産の承継、経営権の承継、組織体制や規程の整備等を内容とする事業承継計画を策定、実行します。

 長期経営計画と事業承継計画を実行するための組織体制を整備し、規則類や書式を作成します。

 【コンサルティング】後継者の選定・育成に関するコンサルティング、事業承継計画の策定・実行の支援、体制整備や経営管理に関するコンサルティング、契約書や規則類の作成

flow_arw

5. ポスト事業承継

 アクションプランを実行し、その中で計数計画と実績数値との差異分析や計画進捗管理などのモニタリングを実践します。長期経営計画の下方修正時には改善施策を見直します。

 【コンサルティング】経営会議への出席、後継者や担当者との打ち合わせ、計画実行プロセス管理、モニタリングや計画の見直しに関するコンサルティング

flow_arw

6. 事業承継ができない場合

 キャッシュフローがマイナスであり、かつ事業の持続可能性がないことから、事業承継ができないという場合は、私的整理や民事再生により再生を図るか、廃業、破産や特別清算により清算をします。

 会社だけでなく、保証人である経営者も債務整理の対象となります。破産や個人再生といった法的債務整理手続、「経営者保証に関するガイドライン」や特定調停などの準則型私的整理手続により保証債務を整理します。

 【コンサルティング】弁護士として債務整理手続の代理(保証人の債務整理手続の代理は会社との顕在的な利益相反がない場合に限ります)

 

[Q&A]

 事業承継に関する施策は「Q&A:事業承継」をご覧ください。


法律相談をご希望の方へ 労働問題に特化して25年の実績と信頼。つまこい法律事務所にご相談ください。 03-6806-0265 受付時間:平日 9:00~18:30(当日相談可能)JR御徒町駅より徒歩5分 オンライン相談を承ります