NEWS&TOPICS

労働者側から請求された場合に企業が行う対応

労働者が残業やパワーハラスメントなどによりメンタルヘルス不調となり、休職や退職、さらに自殺に至った場合、当該労働者や遺族から損害賠償請求を受けることがあります。請求を受けたら弁護士に早めに相談した方がよいですが、初動の段階から企業が適切な対応をすることにより、紛争が発生したり、裁判にまで発展したりすることを防止することができます。それでは、企業側はどのような対応すればよいのでしょうか。 労働者側
続きを読む >>

フリーランスが下請けするときの親事業者の義務

 資本金1000万円を超える親事業者が、個人事業主(フリーランス)を下請事業者として業務請負契約を締結する場合、法律上の義務を負うことがあるのでしょうか。  下請代金支払等遅延防止法は、親事業者は下請事業者に対して次の義務を負うと定めています。 ・委託後、直ちに、給付の内容、下請代金の額、支払期日、支払方法等の事項を記載した書面を交付すること ・委託後、給付、給付の受領(役務の提供の実施)、
続きを読む >>

他社の写真の業務上利用と著作権

 製品の企画担当者が社内プレゼンテーションにおいて、競合他社のウェブサイトから製品の写真をダウンロードし、プレゼン資料にコピー・アンド・ペーストして利用することはできるのでしょうか。  まず、競合他社の製品の写真が著作物に当たるかについて、被写体、機材、撮影方法、撮影技法の選択に独自の創意と工夫がなされていれば、製品を撮影したものであっても著作物に当たります。  著作物に当たるとしても、社内で
続きを読む >>

類似商号の差止め請求

 商号が類似している同じ県内の会社に対し、商号の使用を止めさせることはできるのでしょうか。  会社法は、不正の目的をもって、他の会社であると誤認されるおそれのある商号を使用することを禁止しています。  不正の目的をもった商号の使用によって、営業上の利益を侵害される会社は、その侵害の停止を請求することができます。  一方、不正競争防止法は、他人の商号として需要者の間に広く認識されている者と同一
続きを読む >>

拙稿「傷病休職からの職場復帰時の労働契約変更をめぐる情報共有の重要性」

メンタルヘルス不調で休職した従業員を職場復帰させる際、主治医の診断を鵜呑みにしても、また産業医の意見に従うだけでも、労働トラブルが発生する可能性があります。そこで、人事労務担当者としては、「情報流」を意識した方がよいでしょう。 このテーマを論じた拙稿が人事ポータルサイト「HRpro」に掲載されましたので、ご高覧ください。 「傷病休職からの職場復帰時の労働契約変更をめぐる情報共有の重要性」 詳
続きを読む >>

従業員の顔写真と個人情報保護

 社員証に各従業員の顔写真を掲載していますが、会社が運用しているイントラネットにおいても顔写真を掲載するとしたら、全ての従業員から同意を得なければならないのでしょうか。  まず、従業員本人を判別できる状態で顔写真を利用する場合、個人情報に当たります。  個人情報保護法上、個人情報は利用目的をできる限り特定し、その利用目的の範囲内で利用しなければなりません。  特定した利用目的を変更する場合は
続きを読む >>

パートタイマーの無期転換後の労働条件変更

 無期転換をしたパートタイマーから、1週間の労働日や1日の労働時間を正社員並みに増やしてほしいとの申入れがあった場合、会社として承諾しなければならないのでしょうか。  結論として、使用者が、労働契約の内容である労働日や労働時間などの労働条件について変更に応じる義務はありません。  無期転換をしたといっても、労働契約のうち変更されたのは契約期間がなくなっただけであり、無期転換後の就業規則が定めら
続きを読む >>

従業員が奇異な服装で出勤したときの懲戒等の対応

 就業規則では清潔な服装や身だしなみを求めており、従前はこの規定に沿う服装をしていたのに、従業員が突然奇異な服装で出勤してきた場合、どのような対応をすればよいのでしょうか。  いつもの従業員と明らかに異なる場合、何らかのストレスや悩みを抱えている可能性がありますので、まずは直属の上司が別室で話を聴き、仮にメンタルヘルス不調により問題行動を起こしていると推測されるのであれば、管理監督者または人事労
続きを読む >>

「傷病休職による変化と適応するための職場復帰の方法」

 従業員がうつ病により休職したという変化が発生した場合、変化前に行っていた対応を修正しないままで職場復帰の支援をしようとすると、うつ病が再燃・再発して職場復帰が失敗するリスクが高まります。  人事労務担当者としては、変化前の状態と変化後の状態を把握した上で、変化に適応するための就業上の配慮を検討することが必要です。これにより、対応が難しいうつ病からの職場復帰を成功させることができるでしょう。
続きを読む >>

退職時の備品返還

 従業員が退職する際に会社の備品を返還するよう伝えたのに、会社が作った印鑑を返還しない場合、会社としては、どのような対応をすればよいのでしょうか。  印鑑は会社に所有権があるので、労働者はこれを返還する義務があります。  既に他の会社で働いており、そこでの仕事をするときに使用しているとしても、返還しない理由にはなりません。  退職者に対しては、内容証明郵便をもって、上記の点を主張し、直ちに印
続きを読む >>

<< 前の記事を見る
企業のためのメンタルヘルス対策室のご相談 労働問題に特化して20年の実績と信頼。つまこい法律事務所にご相談ください。 03-6806-0265 受付時間:平日 9:00~18:30(当日相談可能)JR御徒町駅より徒歩5分 ご相談の予約