所定勤務時間終了後の業務日報作成と派遣先の指揮命令

 派遣社員が午前9時30分から午後5時30分まで勤務しており、退勤時に業務日報の提出を指示したところ、当日の業務は所定勤務時間内に終了できるのに、所定終業時刻後に業務日報を書き始めるため、毎日10分間の残業が継続している場合、派遣先会社は派遣社員に所定勤務時間内に業務日報を書き終えて提出するよう指示することができるでしょうか。

 派遣社員は派遣先会社の指揮命令に従い就労しますので、派遣先会社は、派遣社員に対し、所定終業時刻までに業務日報を書いて定時で退勤するよう命令することができます。

 この業務命令に違反する場合は、派遣元事業主に報告して指導してもらった方がよいですが、指導を聞かずに、繰り返し所定終業時刻後に業務日報を書くようでしたら、労働者派遣契約を解除することができます。派遣期間が短いとしたら、解除ではなく、契約更新をしないという対応の方が無難でしょう。

新着情報の最新記事

企業のためのメンタルヘルス対策室のご相談 労働問題に特化して20年の実績と信頼。つまこい法律事務所にご相談ください。 03-6806-0265 受付時間:平日 9:00~18:30(当日相談可能)JR御徒町駅より徒歩5分 ご相談の予約