コンサルタント契約の中途解約をする場合、残期間分の料金は?

 期間を3年とする経営コンサルタント委託契約をしたが、適切な助言や指導をしないので、委託契約を中途解除する場合、残期間分のコンサルタント料を支払わなければならないのでしょうか。

 経営コンサルタントが助言・指導をしないことがコンサルタント委託契約違反といえるのであれば、債務不履行による解除ができます。この場合、委託者が損害賠償請求できるとしても、受託者であるコンサルタントが損害賠償請求をすることはできません。

 これに対し、契約違反とまでは認められないとしても、いつでも委託契約を解除できるのですが、コンサルタントにとって不利な時期に解除をするので、委託者は、コンサルタントに対し、損害賠償をしなければなりません。

 損害が残期間に対応したコンサルタント料であることが委託契約書で明記されていればそれに従いますが、契約書に規定がないのであれば当然に残期間分を損害賠償しなければならないということにはなりません。

新着情報の最新記事

企業のためのメンタルヘルス対策室のご相談 労働問題に特化して20年の実績と信頼。つまこい法律事務所にご相談ください。 03-6806-0265 受付時間:平日 9:00~18:30(当日相談可能)JR御徒町駅より徒歩5分 ご相談の予約