余話として:「十二国記」とパワハラ防止

 本日、新潮社より、「『十二国記』30周年ガイドブック」が発売されました。

 私事ながら、小野不由美著「十二国記」(新潮社)を愛読しています。

 その一編に、女子高生・陽子が古代中国風の異世界に連れてこられる物語があります。単独行の最中に出会ったネズミ男・楽俊を疑い、あるとき楽俊を見捨てるのですが、陽子は、

「陽子自身が人を信じることと、人が陽子を裏切ることは何の関係もないはずだ。」

と後悔します。

 陽子は楽俊と再会した際に詫びるのですが、楽俊は、

「おいらは陽子に信じてもらいたかった。だから信じてもらえりゃ嬉しいし、信じてもらえなかったら寂しい。それはおいらの問題。おいらを信じるのも信じないのも陽子の勝手だ。」

と陽子を慰めます。

 異世界ファンタジーの中でのやりとりではあるのですが、人が他者をこのように見ることができたら、パワハラがなくなるのではないかと思い、管理職向けの企業研修で密かに講義に盛り込んでいます。

 若干のネタバレはご寛恕いただき、ご興味を持たれた方は、「月の影 影の海」をお読みください。

 

弁護士・中小企業診断士 佐久間大輔

新着情報の最新記事

法律相談をご希望の方へ 労働問題に特化して25年の実績と信頼。つまこい法律事務所にご相談ください。 03-6806-0265 受付時間:平日 9:00~18:30(当日相談可能)JR御徒町駅より徒歩5分 オンライン相談を承ります