弁護士兼中小企業診断士による事業承継ヒアリング

 弁護士佐久間大輔は、2022年に中小企業診断士として登録した後、事業承継が弁護士とのダブルライセンスを活かせると考え、東京都中小企業診断士協会認定の事業承継研究会に入会し、2023年3月には事業承継支援専門家養成講座を修了して、研鑽に努めて参りました。

 経営者の引退年齢は70歳前後が多く、事業承継に必要な期間は5~10年と言われています。そのため、60歳頃から事業承継に着手した方がよいのですが、実際には50代から準備を始めた方が、会社、経営者、後継者にとって効果が大きくなります。

 つきましては、事業承継について無料(1回、60~90分)にてヒアリングさせていただき、課題や解決策を見つけ出す支援をさせていただければと存じます。

 支援の詳細は「事業承継法務コンサルティング」をご覧ください。

 ヒアリングの要領につきましては、お問い合わせいただいた際に詳しく説明しますので、メールフォームよりお問い合わせください。

 事業承継以外の法律問題や経営課題についても、ご相談を承りますので、お気軽にご連絡いただければと存じます。

新着情報の最新記事

法律相談をご希望の方へ 労働問題に特化して25年の実績と信頼。つまこい法律事務所にご相談ください。 03-6806-0265 受付時間:平日 9:00~18:30(当日相談可能)JR御徒町駅より徒歩5分 オンライン相談を承ります